ちくわちゃんのことパート3

ちくわはターミナルケアに入っています。

 

おしっこの度、被毛が濡れるのを嫌い、猫ベッドから這い出していましたがそれも難しくなりました。

 

濡れたシートに少しの間でもいなくてすむようにおしめを使用するようになりました。

おしめ交換ではせいせいするのか外したとたんにおしっこ!

まるで人間の赤ちゃんみたいでいとおしさが増します。

 

頻回に看にいっても間に合わず、更に褥瘡もできてしまいました。

そのための予防マット使用や痛がる体位変換は3時間おきくらいにはしていたのですが、不覚でした。

今は保護絆創膏をしています。

 

肩周りも肉が落ちてきて、痩せてきました。

もっともカリカリは嫌がるので大好きな柔らか焼きカツオやチュールみたいなものばかりなのでしかたないですね。

焼きカツオには目がキラキラして本当に好きなのでしょうね。

少しずつ口に入れてあげるのもいとおしく。

 

食べられるうちは点滴もしていきます。

そして食べることを拒否したら点滴もやめるつもりです。

その時の自分が冷静に対処できるかはわかりませんが。

ちくわに尊厳があるのかはわかりませんがありのままの気持ちと本能を尊重してあげたいと思います。

 

どんな介護が正しいのか誤りなのかは判りません。

ちくわの選択ではなく、私の死生観でしかないのですから。

頑張って、とはいえません。

先に逝っててね、必ず会いにいくから、大好きなしんちゃんが待ってるから何も心配いらないと伝えています。

麻痺した身体は、もう戻ることはないのです。

猫が猫でなくなるならばよりストレスフリーな生活のみを心がけてあげ、ちくわが心地いいことだけを提供していけたら、と思っています。

 

いつも定期的に振り込んでくださる方々や、住所の記載のないご寄付、お礼も言えませんが猫達のために大変助かっています。

この場を借りて心より感謝申し上げます。

有り難うございます。

餌をあげるなら去勢もしましょう

無責任な餌やりさんの家に産まれた仔猫🐱🐾

 

具合が悪くなり母猫は育児放棄😢 茹だるような暑さの中、洗濯かごに入れられて焼けたコンクリの上に寝かされていました😭😭😭

 

前日、動物病院に連れて行ったみたいですが、病院から出された粉ミルクを飲まないからと、何も与えられずただ放置😭😭😭

この家には別の母猫が産んだ仔猫が庭先のゲージにいます。

連日のこの暑さでは危険なので、何とか家の中に入れてもらえないかと何度聞いても、家は無理の一点張り😡😡😡

自分達はエアコンのきいた涼しい部屋にいるくせに‼️

だったらなぜ早く避妊手術をしなかったのかと言ってやりたい😠

 

手術さえすれば、こんな不幸な命は産まれないのです🐱

ホームページに来る相談はみんな産まれちゃったけどどうしよう❓仔猫をどうにかして欲しい‼️という相談ばかりです。

餌をやっているのなら、お腹が大きくなったのがわかるはず‼️ 産まれてから慌てて相談してきても遅いのです。

私達はすべての仔猫の保護は出来ません‼️

せっかく産まれて来たのに、こんな思いをさせるなら産ませないで😭😭😭

 

暑さに耐える仔猫の一匹に里親希望の方が現れたので、お迎えに行ったら ぐったり仔猫を見つけてしまいました😱😱😱

近所の方も何人か集まりました。集まった方に、この子を涼しい場所で診てもらえないですか?と聞いても誰も診てくれません‼️

このままだと、この子は死にますよ‼️と言って動物病院に連れて行きました😿

熱中症で低血糖。身体はガリガリ。呼吸は口呼吸。よく生きていてくれました😭😭😭

獣医さんに、点滴をしても回復するかわからないと言われました😭

 

とにかく生きて‼️と祈る気持ちで、手厚い看護をしてくれる隊員に託しました。

自宅での輸液、強制給餌のお陰で起き上がり鳴くまでに回復しました💕

まだ自分からご飯は食べませんが、元気になったら泣き虫さんに変身😜

預かってくれてる隊員は寝不足😨😨😨

淋しいからだろうと、ゲージにお友達を入れてくれました‼️

早く元気になぁ〰️れ💕🐱🐾

シンポジウムへの参加

昨日はお茶の水で超猫ボラ会議室というシンポジウムに参加してきました。

 

シンポジウムはねこけん主宰、みなしご救援隊の中谷さん、ちばわんさんの豪華な顔ぶれで、参加者500人と大盛況でした。

 

協賛も楽天少額短期保険株式会社、ロイヤルカナンと大手で、無料動物病院、ペット保険等、次々と事業を展開していくねこけんには本当に感心します。

私達は有難いことに来賓の席に招待いただき、恐縮しきりでした。

このような経験豊富な人達のお話には常に氣付きがあります。

まだまだ勉強不足を痛感いたしました。

 

殺処分をなくす為、また不幸な猫達を減らす為には不妊去勢しかない、と統一した意見でした。

それしか今はないのです。

私達も北本チームMKと今年の秋にはみなしご救援隊との一斉TNRを行う予定です。

詳細はまた載せますね。

人の残酷さ

ゆるしてください、と親に懇願し、そして殺されていった5才の女の子。

親だけでなく、状況がわかっていて助けられなかった大人達。

 

本当に痛ましく、何度こんな事件が繰り返されるのでしょう。

こんな親を鬼畜と世間は言いますが鬼や畜生でも自分の子どもは必死に守るのではないでしょうか?

 

時に人間は鬼畜よりも残酷で無慈悲なものです。

心より結愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします😢

ーーーーー

 

もんちゃんも2ヶ月の子育てが終わり、リターンの時期となりました。

子育て中はものすごい狂暴で近寄ることもできませんでしたが、子猫が離乳し子離れしてくるとだんだんと変化してきました。

子猫が側にいないと頭を撫でさせてくれるようになったのです。

 

馴らしてどうするの?

はい、戻しません。

元いた場所は毎日えさやりさんが来るわけでもなく、車の往来も激しいところだからです。

もう一組の親子の母猫は避妊して耳カットしてリターンしました。

リターンするとき、以前産んだ息子がすぐに走りよってきました。

ここはちゃんと寝るところも毎日のご飯も用意され、管理されている場所です。

全て保護できたらいいのですが、それには場所も経済的な力もお世話する時間もありません。

 

もんちゃんはとても立派な子育てをしました。

命掛けで守った子ども達は幸せへと繋げていきます。

そしてもんちゃんも里親を探していきます。

宜しくお願いいたします🙏

フジテレビ ザ・ノンフィクション

昨日のザ,ノンフィクションは素晴らしかったですね。

山田監督が編集だったので安心して見ていられました。

 

人の心に寄り添い動物を助ける手腕はどれだけの時間悲しい思いや悔しい思いをし、その積み重ねられた経験からの行動にさすが、の言葉しかでません。

 

中谷代表は仏教に帰依し、動物看護師の資格をとり、また大変な達筆で、日本で唯一無二の存在です(^∧^)

連日同じような報道がなされ、辟易しておりましたがそれでもメディアの力は強大で、動物愛護法の改正のこのような時期に放映されることはとても意義あることで少しでも動物の為の改正になることを願わずにはいられません。

 

来週の後編も楽しみです。

 

私達の保護子猫もトライアルが始まりました。

面会もいくつか入っています。

また保護した方からの里親探しの依頼もあります。

子猫のうちに里親に行くことは不安なこともありますが、シェルターを持たない以上、抱えるリスクは大きく、レスキューホーダーにならないためにも繋げていくしかないのです。

里親さん達とも連絡を取り合い幸せに暮らしていけるようなんでも相談してくださるようにお伝えしています。

まだまだ家族を待っている子達がいますのでどうぞ宜しくお願いいたします

疥癬子猫のこと

今月22日に保護した子猫。

心臓が何回か止まりかけたのでちゃんと機能するようにと、こころちゃん、と名付けました。

 

シリンジでミルクと回復期ケアを混ぜ短い間隔で給餌していましたが、全く元気になりません。

毎日、申し訳ないと思いつつ休みの日さえ獣医さんに助けを求め、1日二回行くこともありました。

その度に厳しい状況です、と言われ、シリンジさえも受け付けなくなったので、カテーテルに切り替えてお世話をしていました。

 

隊員それぞれ仕事もあるなか、助けあいながらなんとか持ち直してほしい一心で看護を続けていましたが、昨日はみんなで集まりこころちゃんの容態をみながら話し合いました。

みんなの真ん中でぐったりしているこころちゃんにどうするべきか、回復が望めるのか、身体をなでながら苦しい選択が迫られます😭⤵⤵

何がこころちゃんにとって幸せなのか、沈黙と重い空気の中、結論がだせずにただ時間だけが流れていきました。

それでも少しの反応にまだいける、と期待混じりにまたカテーテルを使いました。

 

そんな状態のなか、昨日こころちゃんの母猫が捕獲されました。

せめて会わせてあげたい、と思いましたが、母猫の状態も酷く、またどんな反応をするかも予測できず会わせてあげることもできませんでした。

 

真夜中解散し、預かってくれた隊員がほとんど眠ることなく朝を迎えると、一声大きく鳴き、下顎呼吸になりましたので末期の水を含ませ、午前8時50分、光となりました😭⤵⤵

 

何がいけなかったのか、どうすればよかったのか、美味しいものも、楽しい思いも何一つ与えることができなかった不甲斐ない自分達でした🙇

母猫には避妊手術の前にしっかりと病気を治し、健康を取り戻してもらうつもりです。

心配してくださった皆様、応援くださった皆様には本当に申し訳なく、情けない気持ちでいっぱいです😭⤵⤵

明日荼毘に付します

4匹でシャツに包まれ棄てられていた子猫達

1匹は兄弟の半分くらいの大きさしかなく、その上飲みも悪く、獣医さんに助けてもらいながらなんとか育てていました。

 

獣医さんは休みの日も快く診てくださり、生きているのが奇跡だ、とまで言われたリトル君。

そう言われてから2日頑張りました😢

 

リトル君は諦めなかったんだと思います。

目をパッチリと開け、今にも歩きだしそうな格好で夜明けに亡くなってしまいました😢

 

辛い投稿もありますが、私達の記憶と記録のため、お許しください🙇

いつまでも忘れないため、そして亡くなった子達の生きた証を残してあげるため、そしてその死が無責任な人間の心に響いてくれるなら。

力及ばず助けられなかった子達に何度心折れたことでしょう。

お世話する身体の大変さより心の傷の方がずっと辛いものです。

 

リトル君、ごめんね🙇💦💦

三週間、よく頑張りました。

楽しかったことが一度でもありましたか?

暖かい手から愛が伝わりましたか?

 

お休みのところ、診てくださった獣医さん、本当にありがとうございましたm(__)m

みんなと一緒のところで荼毘に付しました😢😢😢

おじいちゃんとちびちゃんのことパート3

最期までちびちゃんのことを心配していたおじいちゃん。

ちびちゃんの写真に意識混濁しながらも頷いて安心したように旅立ったおじいちゃん。

1匹で残されてしまったちびちゃんでしたが、おじいちゃんが入院中に暫く預かっていた優しい隊員は面会に時々行ってくれています。

 

先日も面会に行って爪切り、耳掃除、ブラッシングをしてきたそうです。

ちびちゃんは残されましたが施設ではとても大切にされ、ケージはいつも解放してあって出入り自由になっています。

朝になると入所者さんを起こしにいったりして入所者さん達の癒しにもなっているようです。

ケージにお花を飾ってもらったりして、ちびちゃんが愛されている様子がうかがえますね。

 

人間にとって、人間だけではないですが、孤独は辛いものです。

高齢になり、外との繋がりが減るほど、動物に癒しを求めていくことでしょう。

私達も他のボランティア団体も年齢によっては譲渡ができないところが多いのですが、孤独な高齢者こそ愛する家族としてのペットはどれだけ心の支えになるでしょう。

 

昔のようにコミュニティが豊かであればいろんな情報や解決策が見いだされますが今は個人主義が蔓延しているため、気付かないうちの多頭崩壊、高齢者によるセンター持ち込み等が全国的に見られます。

犠牲になるのはいつも飼い主を選べない動物達。

高齢者問題としてのペットの飼養を行政とともに考えていかなければならない時代ですね。

もんちゃんの幸せ

後二週間すればもんちゃんを返すタイムリミット。

それ以上の保護は帰るタイミングも逃すし、元居た場所に馴染むことも難しいでしょう。

 

今日も隊員に言われましたが私は返すことができるのだろうか?

 

雨が降れば心配になり、冬の寒さにどこで暖をとるのか心配になり、事故や虐待も心配だし、ご飯を食べられるかも心配になります。 

子猫達にも2ヶ月たったからもうパイパイもないんだよ、と説得もできない。

理性ではわかっていても感情でできないこともあります。

 

もんちゃんにとって自由できままな猫生が幸せなのか、安全だけど自由な生活がない猫生がいいのか私にはわからない。

保護した時点で葛藤が始まります。

 

明日のことはわからない、誰でも、例え若くても歳をとっていても明日は必ずくるとは限らない。

その為に働いて明日がなくなっても終生お願いできる支度はしなくてはならない、と思っています。

 

今日はせまいながらももんちゃん家族に自由な、少しだけ自由な空間を設えてみました。

子ども達は走り回りこんな空間でも楽しんでいるようです。

もんちゃんはそれを優しい眼差しで見ています。

 

もんちゃん、貴方は何を望んでいますか?

もんちゃんの幸せは何ですか?

 

もんちゃんベイビーズ

もんちゃんベイビーズ、すくすく成長中💝

 

いつも保護の子猫達はみんな状態が悪く、目がぐちゃぐちゃだったり、黴や蚤等でボロボロの被毛だったり、下痢や便秘だったり、そして救ってあげられず亡くなっていったり😭

 

もんちゃんにたっぷりご飯さえあげていればしっかり育ててくれて何も手をかけなくても健康に育ててくれます。

 

家族もこんな美しい子猫は初めてだね、と。

本来は安全な場所で栄養あるご飯をたっぷり食べられたなら、みんなこんなにピカピカの子どもを育てることができるのですね。

 

外で出産したら母猫の母乳の為のご飯にありつけるのさえ難しいのですから、自分の命を削るようにしても子猫の栄養状態は悲惨です。

今の時期、妊娠している猫は多く、堕胎になってしまう子達もいます。

産ませてあげたい、とは思っても全ての子達にはどうしても不可能です😢

そして産まれてしまった乳飲み子が棄てられ、自分達で見つけた場合育てていくしかありません。

 

親のいない乳飲み子を育てることは体力的にも精神的にも大変な労働です。

一代限りの命を全うしてもらうためにも、時に厳しいTNRもありますが続けていかなくてはならないと思っています。

 

もんちゃんベイビーズにはお問い合わせも多く、有難い限りではありますが、子猫はあっという間に成長します。

天使のように今は可愛くても最期の瞬間まで家族であって欲しいですね🙏



助けられなかった命、輝く命

空ちゃん、海ちゃんの為に沢山のお悔やみや暖かい励ましのお言葉、本当に有り難うございましたm(__)m

短い猫生でしたが彼らが生きた証しは私達の心にしっかりと刻まれています。

助けられなかった命もあれば輝く命もあります。

 

TNRの現場でお腹パンパンの状態で保護し、5匹産んだもんちゃん。

すっかり目も開いて日に日に成長しております。

相変わらずの狂暴さでなかなか一匹ずつの写真が撮れません😄

柄でたぶん三毛メス三匹、茶とらオス二匹だろうと思われ、名前をつけました。

女の子はすみれ、あんず、リラ、男の子はルイ、しずくにしました😆

 

もんちゃんの名前は去年の17匹遺棄事件で9匹亡くなり最後に亡くなってしまった茶とらのメス、もんちゃんから名付けました。

シンクロニシティか、行き倒れで保護した白猫サンちゃんが亡くなり次の日に突然現れた白子猫二代目サンちゃんが幸せになったように、もんちゃんにも人慣れしてもらい家族を探してあげたいと思っています。

お陰様で三匹は予約をいただいています。

 

母猫がいる子育ては私達が介入することは何もなく、ただ母猫にご飯とトイレだけの世話で、立派に育ててくれます。

外で暮らす子達を一匹でも家族にしていただけたらと心から願います。

そんな中、外で暮らす子がまたトライアルにでました😆⤴💓

また依頼の里親探しの猫にも今週面会が入りました😆⤴💓

 

ペットショップからの選択から保護猫からの選択にどんどんシフトしていけばペットショップも衰退していくでしょう。

そんな話をすこしでも多くの人達に伝えていっていただけたら、と思います。


遺棄された子猫達のこと

ティッシュボックスに入れられて遺棄されてた子猫達のこと

 

へその緒つきで棄てられていた子猫は空、海と名付けられました。

大きく育て、の意味を込めて。

 

懸命なお世話により目も開いてきました。

最初から厳しい状態ではありました。

シリンジや哺乳瓶でもミルクがなかなか飲めず、カテーテルで飲ませたりもしました。

これにはとても嫌がり苦労しながらもなんとか飲ませていましたが力及ばず、昨日相次いでお空に旅立ちました😢😢😢

 

棄てた人に聞きたい

餌やりさんがいるところに棄てれば誰かが面倒みると思ったのでしょうか?

立派に育てば自分はいいことをした、と思うのでしょうか?

仮に誰かが保護したとして、面倒みる人がどんな思いをするのか想像したのでしょうか?

仕事しながら、寝不足になりながら、獣医さんに駆け込みながら、弱っていく子達に涙を流しながらお世話をしていくのです。

誰も誰が棄てたのかわからない。

わからなくても棄てた本人は覚えているでしょうね。

遺棄は犯罪です。

見かけたりしたら警察に通報してください。

 

空ちゃん、海ちゃん、助けてあげられなくてごめんね😭😭

 

昨日荼毘に付しました。

応援有り難うございました。

新しい命

先月のチャリティーウォークのイベントの朝。

道すがら、隊員が見てしまった妊婦猫😖💦

私達が管理している場所ではありません。

 

イベントが終わり、家の用事を済ませみんなで現地に集合しました。

暫く待っていると、お腹が横につちのこのように張り出た茶とら猫が現れました。

捕獲器を何台か仕掛け待っていると他の子がイン!

その子は車に乗せて粘りましたが対象猫はどこかに行ってしまいました。

それから4日間粘り、ようやく捕獲。

捕獲器の中ですでに産まれてしまう心配をしながらも無事ケージに。

 

この時期、妊婦猫は多く、堕胎もやむなしとしていましたがあまりにも痛々しい姿に中絶を選択することはできませんでした😢

殺処分がまだまだ沢山ある現状に出産させることに反対する意見もあります。

けれど実際にあんな大きなお腹を抱え、必死に生きている子をみたら母体保護の観点からも出産させることに迷いはありませんでした。

 

そして4日目、ケージの中のドームハウスから子猫の鳴き声が。

母猫の威嚇は激しくご飯やトイレ掃除の時など高速パンチが飛んでくるのでびくびくします😄

まだ子猫達の姿は見ることを控えています。

 

人間だけでなく、生命の誕生は生きとし生ける物全て神から祝福されるべき出来事です。

お腹に宿しても産まれることさえ許されなかった子達も沢山います。

この選択がこの子達の幸せとともに一緒に暮らしてくれる誰かの幸せになりますように🙏

 

またそれと同時に私達が管理している場所にティッシュの箱に入れられて棄てられていた子猫。

来てしまいました😢😢😢

まだへその緒つきで親から引き離されどうやって生きていけと💢💢💨

どうか棄てるくらい残酷なことができるなら猫なんか飼わないで、と言いたい!

子猫が産まれて困るなら避妊、去勢は必ずしていただきたい。

 

隊長の眠れぬ夜が続きます。身体を壊さないよう、隊員もお手伝いしていきます。

ミルク代もかなりかかります。

それでもなんとか無事に、健康に育ってくれることを、親のない子の健やかなる成長を祈ります🙏

 

イベントがこれからも続きます。

手作りグッズ等の応援も宜しくお願いいたします😆⤴💓

かごちゃんとつぼくんのこと

うちの隊員の職場に同じボロボロの首輪をつけた猫達が顔を現し出したのは一年前くらいの頃でした。

 

暫くご飯をあげていましたが馴れてきたところを捕獲、避妊去勢してお店に戻すことができなかった為、保護しました。

かなり栄養状態も悪く、ロン毛と思われるかごちゃんはいたるところ、毛が抜け、つぼくんはエイズを発症していました。

しっかりと治療をし、暖かいおうちでのんびりと暮らしていましたが、またつぼくん、体調悪化。

もとからかなりの高齢だったようです。

 

食べられるものを食べられるだけあげて見守っていましたが、ある日つぼくんの上にかごちゃんが乗る姿が。

苦しいだろうと何度降ろしても乗ってしまう姿にお別れが近いと覚悟をしたそうです😢

隊員も偶然仕事がお休みで抱っこしたり、暖かい日だまりの中で日向ぼっこさせたりしていましたが、かごちゃんはそれを許さない、とばかりに唸っていたそうです。

上に乗ることも、唸ることもなかったかごちゃんですが、ずっと苦労を共にしてきた大切な家族と離れたくなかったのでしょう。

それから程なくしてつぼくんは旅立ちました😢😢😢

 

首輪をつけていた元飼い主、外に出してこの子達にどう生きていけ、というのでしょう🔥

因果応報を忘れないでいただきたい。

感情豊かな動物に私達は教えられることが沢山あります。

 

かごちゃんが早く悲しみから立ち直ってくれるよう、祈るばかりです🙏

そしてお世話をしてくれた隊員もお疲れ様でした😢


ある犬のおはなし

以前、熊谷市、行田市の小、中学校の全クラスに小冊子を配布させていただきました。

 

熊谷市には更にハードカバーの本も各学校に一冊ずつ配布いたしました。

教育委員会、学校に働きかけ、説明させていただき、各学校に配布しましたある犬のおはなし。

この話の作者であるkaiseiさんにも電話で直接話をし、快く了承いただきました。

 

感想文をたくさん寄せられたにもかかわらず、なかなか紹介することができずにいましたが、ごく一部紹介させていただきます。

 

啓発は大事です。

特に未来を担う子ども達が心に響く物語に触れればきっと他者も思いやれる人間に育ってくれると思います。

イベント等でも小冊子は配布していますのでお立ち寄りの際にはお声かけくださいm(__)m🍀



動物のための福祉

昨日のクローズアップ現代NHK、なんともすっきりとしませんでした。

 

広島の殺処分0にした団体というからてっきりみなしご救援隊かと思いきやピースワンコジャパンでした。

ピースワンコは避妊去勢しない団体です。

まるでふるさと納税の宣伝かのような内容にはがっかりです😵⤵

 

そして埼玉のいぬ猫のせりの場面では売り残りの子達をさも助けています、みたいな内容。

あんな段ボールに入れられてあんな小さな子達がまるで野菜か魚かのように次々とせりにかけられて😢

この流通の過程に2万3千匹の命が闇に消えていきます😢😢😢

まずはここでしょ?

この生体販売と消費者を変えない限り不幸な子達はなくなりません。

 

殺処分0にこだわるばかりに熊本の保健所ではぎゅうぎゅうの入れ物に押し込まれた犬達の悲しそうな顔が忘れられません。

こういう環境の子達を面倒みているボランティアのブログにはむしろ、可哀想だから殺処分にしてくれたほうがいい、とありました。

対策がなければ、動物の福祉が守られないのであれば現場はそう思わざるえないのでしょう。


遺棄や虐待に重い罪を!

深谷の猫惨殺事件の判決が今日下されました。

20万以上の署名が集まったにも関わらず実刑までには至りませんでした😠💢

器物損壊より軽い罪。

法律の壁を強く思い知りました💢💢💨

命に対する法律が来年の改正で少しでも改正されることを、署名活動が、少しでも物言わぬ命の救いになりますように願わずにはいられません。

9月に17匹大量遺棄された事件もなんの進展もなく、犯人は野放しです😠💢

 

それでも9匹が亡くなる中、大変な思いをして育てた残された8匹はチョコちゃんだけ残しみんな里親さんに繋がっていきました😃💕

チョコちゃんも希望者が現れ、これからやりとりしながら面会へと進みます。

亡くなった仲間が見守ってくれているかと思うほど、皆さんとても優しい里親さんで、大切に大切にしてくださっています🎵😍🎵

また、他の場所からやむなく保護に至った猫達もトライアルが決まっています。

 

保護には医療費、飼料費、本当に

かかります。

ミルクの時期にはお世話の大変さとミルク代にはぞっとしたものです。

けれどそれより助けられなかった命にどれだけ、心折れたことでしょう😢😢😢

 

沢山の皆様に心配していただいた小眼球症のアイちゃんも今預かりさんが心こめてお世話をしています💓

アイちゃんの里親希望してくださる方も連絡いただいていますが、預かりさん、離したくないみたい😁🎵

一つの命を繋げていくのは本当に大変ですね。

けれど繋がった時には今までの苦労は全て払拭されます😁🎵

遺棄や虐待にもっと重い罪を!

たとえ、誰にも知られないとしても命を軽んじたそんな輩の心にちゃんと刻まれいつかは罰をうけると信じています😭


熊谷市中央猫虐待事件

今月20日頃、中央にてしっぽの根元から切断されている猫が発見されました😢😢😢

排尿障害も見られ、心配したえさやりさんが獣医さんに連れていってくれました。

回復はしてきましたがどんなに痛く怖い思いをしたことでしょう。

外で怯えながら暮らし、暑さ、寒さに耐え、毎日のご飯を必死に確保しなければならないこの子達になんの罪があるというのでしょう💢💢💨

自分より弱い生き物にこんなことをする人間のほうが生きるに値しないのではないでしょうか?

小さな命を虐待する人間は動物では飽きたらず人間にも刃物をむけていく可能性があります。

警察にも伝え、市役所にも協力していただき、チラシを作って回覧板を回してもらいます。

地域で防犯意識をたかめていくことが地域の子ども達を守ることにも繋がります。

愛護動物である猫や犬の虐待や遺棄は犯罪です。

皆さんの周りでもこのようなことが見られたら必ず警察に知らせてください。

 

雷の季節

雷の季節です。
パニックになり、脱走するわんちゃんが沢山でます。

どうぞせめて迷子札をつけてください。

一人では帰れないことも多く、殺処分の子達も迷子札さえあれば帰れる子達でした(T0T)

もう一度確認、装着よろしくお願いいたします(+_+)

ししまる君

ししまるくんの事

外で暮らしていたししまるくん。
おしりに怪我をしていたため、去勢手術して暫く保護していました。

捕獲器で身動きできないくらいのジャンボ猫だったため、じゃんくんと呼んでダメ元で里親募集をしました。

成猫でエイズで歯もぬけていたじゃんくん。

しかしまだ傷も癒えないうちに里親さんの手があがりました。

いろいろやり取りをして、気持ちに変わりがないということでトライアルが始まりました😃🎶

都内のとても素敵なお宅でじゃんくんにとっては逆転満塁ホームランみたいな話です。

じゃんくん、改め、ししまるくんと名前もいただき、本当に大切にしていただいていました。

ところが傷がなかなか治らず何度も医療にもかけていただいていましたがカラーも最近までとれずにいたのでした(+_+)

三月にお届けし、正式譲渡も終わりましたが、私達は申し訳なくて、医療費を支払うか、戻してもらうか、隊員達と相談しておりました。

その旨をお話したところ、里親さんのお返事は

あのまま外にいたら大変なことになっていたでしょう、助けていただき、本当に感謝しています、
と。

ただ、ただ、ありがたく、そして感動いたしました(T0T)😭

本当にありがとうございます。
これからも素敵なご家族の幸せを願うばかりです🎵(^ω^)🎵

署名を…!

今回法律が変わらなければまた5年先になってしまいます。

イベント等で署名をお願いしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします


蛇口を閉めなければこぼれ続ける命


ちくわちゃん(T ^ T)

昨日はパワポ作りや、授業内容対策に遅くまでかかってしまいました。


なんとか若い隊員達のお陰で形にはなってきましたが、なにしろ初めての試みなので、当日どうなることやら( ; Д゜)


またリターンする予定だった、シャムミックスちくわが、日曜、里親さんにトライアルに行くことになり、ウイルスチェックに行きました。


ところがなんとダブルキャリアでした(((・・;)(T0T)

エイズと白血病です


獣医さんにも珍しいと言われ私達も初めての経験でした。


里親のお迎えを待っていた子猫はすぐに、別の隊員が預かることになり、ちくわは大好きだったしんちゃんと別れ、子猫達と別れ、一人ぼっちで病気と付き合っていくことになってしまいました😢😢😢

子猫達はワクチン摂取済みでしたが。


猫が大好きなちくわに猫部屋の他の子達が見えて雰囲気を感じられるように二つの部屋は網目越しにしてあります。少しでも寂しさが紛れたならいいのですが

🎵


里親希望の方には詳しくお話していきます。


どんな子にも命の終わりは来ます


私がこの子達より早く逝かなければいいだけの話です(*^^*)


どの子にも幸せだった、と思ってもらえるように大切にするだけです。


そして今日は依頼のTNR,

何度捕獲しても心は痛いものです。

無事に手術が終わることを祈ります


しんちゃんありがとう

昨日の早朝、うちの猫、14才のしんちゃんが旅立ちました(T0T)


もともと、エイズキャリアでしたが、一年前くらいに発症してしまいました。


何度も危機を乗り越え、9匹の仲間がいる部屋から見取りの部屋で静かに暮らしていました。


そこに預かることになったシャムミックスのちくわがきて、最初は成猫どおし、どうなるか心配でしたが、すぐにちくわがすりすりする様子に安心したのでした(((^_^;)


約一ヶ月あまり、いつもしんちゃんに寄り添うちくわに微笑ましく、人慣れしてなかったちくわもだんだんと人にも心を開くようになってきたのでした😃🎶


しんちゃんもちくわがきてから食欲が増し、亡くなる前の日までたべることができ、食べることとだっこが大好きだったしんちゃんは手を煩わせることなく、苦しんだ様子もなく、亡くなっていました。


食べても食べても痩せていき最期は骨と皮ばかりでしたがちくわのおかげで寂しい最期でなかったのはせめてもの救いです😭


隊員達も花を持ち寄りしんちゃんの冥福を祈ってくれ、葬儀場まで付き合ってくれました。


亡くなったしんちゃんにかけていたブランケットに身体を預け、そこから動かないちくわは何もかも理解したようでションボリする姿は涙を誘います(T0T)


ちくわは里親希望が6件もあり面接も終わり、トライアルも決まりました(*^^*)👍


先住猫もいて、猫好きなちくわはきっと楽しい暮らしが待っていることでしょう🎵


保健所行きを免れた子猫も土曜、昨日と里親が決まり、また成猫にも希望者が現れ、嬉しい出来事も続きました🎵


しんちゃん、ありがとう😭✨

不幸な子達が幸せになるように空から見守っていてね。😌🌸💓


続・絶対に殺処分にさせない!

昨日は熊谷地方。大分雪が降りました🌁⛄🌁


午後から雪もやんだので早速TNRの説明と捕獲に行きました。


とりあえず二匹と三びきの子猫を捕獲し、急いで獣医さんへ。


成猫はさくら猫に、子猫はウィルス検査、ワクチン、駆虫をお願いしました。


病院で暫く待っていると、成猫が涙を流しています😢😢😢


何度も声をかけますが、通じる訳もなく😭、それでも声をかけずにはいられなかったですね。


相談者には里親募集のやり方を伝えたところ、早速数件の希望者が現れました🎵


全てのやり取りはまかせ、悩むところは私達がアドバイスしていきます。


そして今日はリターンし、残った二匹のは捕獲し、また

病院へ。


相談者は仕事を休んで私達作成の猫ハウスに湯タンポと美味しいご飯を用意して、待っていてくれました。


飼い主?も喜んでくれていました。


子猫はすでに土曜、日曜と里親希望の方との面会が決まったので、ワクチンの後でもあり、私が預かり暖かいところで休ませています🎵


安心したのか、暖かくて気持ちいいのか、ゴロゴロ言ってグッスリ眠りに入りました。


この季節、どれだけ、外の環境は厳しいことでしょう😢💦


絶対幸せになってもらいます(*^^*)


絶対殺処分にさせない!

HPの本日のお問い合わせから、緊急の案件だったため、仕事終わってから夜、相談者と会うことになりました。


相談者はかねてより、近所で増えたり、減ったりしている猫達に心を痛めていたそうです。


そして見かねて不妊手術を自分で責任もってやりたい、と飼い主?に伝えに言ったところ、一度は納得しながらいきなり今日になって保健所に持ち込むことになったと言ってきたのです。


相談者は自分が余計なことを言った為に、かえって殺処分の道に近づけてしまったのではないか、と大層心配し、私達に問い合わせしてきました。


自分でもすぐに里親募集のちらしをつくり、いろんな所にお願いにも行き、飼い主?や近隣の人を説得に奔走されました。


話を伺い、私達にできること、相談者にできることをはっきりさせ、明日から地域

説明に行き、理解を求め、まずは成猫の手術から行っていきます。


近所の猫でありながら、時間も資金も提供して助けたい、という人に私達も、できる限りの協力はしていきたい、と思っています。


まずは飼い主?に飼い猫か、野良猫か、はっきりしてもらうことが必要となります。


ただ、お腹をすかせた猫にきちんとご飯あげる気持ちがあるくらいなら7匹、何故保健所に持ち込むことになったのでしょう😢💦

余程の事情があったのかもしれません。


殺処分は安楽死ではないですよ。

運命を感じ、恐れおののき、最後まで迎えを待ち望み、苦しみながら壁をかきむしりながら殺されるのです😢😢😢😭


持ち込む飼い主さん、あなたに殺処分のスイッチを押せるでしょうか。きっとできないでしょうね。そう信じています。断末魔の声を聞くことはできないはずです。😣😭


これから不妊手術とともに子猫から里親募集していきます。

できるならば成猫も家を探してあげたい。


どうぞよろしくお願いいたします


助けられる命があります。

今日は隊員と、立正大学熊谷キャンパス前のすみれ食堂で待ち合わせ。

今後の事業についての打ち合わせを行いました。

筆者は熊谷市役所前からノルディックウォーキングで移動。

汗もかくような気候で、一時間ほどで到着。

さっそくビールを一杯。

ランチと、芋屋tataさんのお芋を使ったデザートまでいただいて、さっそく会議に。

内容はいたって真面目でした。


江南地区板井にある動物指導センターを訪問しました。

動物指導センターは、人と動物が共存できる豊かな社会をめざし、動物をとおし動物愛護・動物福祉の精神や他者との共感を育むための啓発活動、正しい動物との飼い方・接し方の啓発活動などさまざまな事業を行っています。


なんと埼玉県内には二か所しかない、県の施設で本所は熊谷です。

犬や猫がどのような流れで殺処分という悲劇に見舞われるのか確認するのが目的でした。


人間の勝手な都合で保健所に持ち込まれる命。

職員の皆さんも苦しい選択の中での判断です。

動物指導ではなく、飼養する人間の指導こそが大切なことに気付きます。


ICチップの埋め込みのように時代に合った飼養もありますが、それですらGPSと勘違いしている飼い主も多く存在します。


人間だけが幸せな社会などあり得ません。気づいたら、自分のできること、できる範囲で同じ命と向き合ってください。

ペットショップでグッズを買うのは結構です。

でも生体販売に同調しないでください。

お金を払うことをやめてください。

命を買わないでください。

助けられる命がこの場所にもたくさんあります。

あなたにもできること、ここにあります。


里親様募集!

いつも協力いただいている、ボランティア仲間からの要請により、里親募集を致します。

私達は保護はしていませんが、体調が整うまでのお世話、里親さがしとなりました。

べるちゃんがやっと手がかからなくなりほっとしたらまた、です。

すくってもすくっても、指の間からこぼれていく命。

目にとまって助けられる命はわずかです。

保護に追われると、その陰で人知れず星になっていく沢山の命を救うことができなくなります。

仕事の傍らのボランティアです。潤沢な資金もなく、時間も限られています。

何を最優先させなくてはいけないか、考え、相談しながらの命の選択は時に重く心にのしかかります。

こんな小さな子達を棄てて、どう生きろ、というのでしょう。
それは成猫とて同じですが。

どうか不妊手術をしてください。
どうか最期まで飼い続けてください。

ということで
里親募集いたします。
よろしくお願い致します。

嵐の後 虹の向こう

昨日の激しい雨のあと、綺麗な虹が見られました。
あの虹の橋の向こうには、沢山の救えなかった命、不幸だった命達が幸せに暮らしていることでしょう。

手のひら子猫、元気です。
もっともっと、沢山の愛情を受けて楽しい幸せな猫生を味わってもらいたいと、隊員一同、強く願っています。
明日からは隊長から別の隊員にバトンタッチ!
隊長、ゆっくり寝てくださいね。

大切なお願い

動物ボランティアをやっていると一番多いのが保護してください、の依頼。
命を預かることは手間や、医療や、行く末まで、どれだけ時間も金額もかかるか予想もつかないものです。
里親がみつからない場合は生涯みることも覚悟しなければいけません。
ボランティア自身が多頭飼い崩壊になっては本末転倒です。
ヘソの緒のついた子猫。細心の注意を払い、三時間おきのミルク、体温管理しても急変もあります。
お世話の大変さもさることながら力及ばなかった時のメンタルは時に叩きのめされる気持ちにもなります。
どうか、不妊手術をお願いします。
TNRの相談をしてください。最後まで飼えないなら最初から飼わないでください。

忘れてはいけない

イベントの捨て猫写真展のパネルをお貸し下さった、吉田様が本を送ってくださいました。著者はパネルに短歌を添えた方でアニマルクラブ代表の阿部さんです。

人間はすぐに忘れてしまうものですが、(むしろ、忘れなければ生きられないのですが、)心のどこかに残していかなければいけないことはあります。

惨禍をうけたのは人間だけではなく、沢山の口のきけない動物達。

目を背けず何ができるか考え、そして発信していきたい。

今日は送り盆です。

人間と動物が平和に暮らせる世界になれたらいいですね。


サンちゃん?!!

新・サンちゃんとの出会い

私たちと出会ってから、三日しか一緒にいられなかったサンちゃん。

 

それでもサンちゃんとの出会いは、決して忘れることはないでしょう。

 

サンちゃん、命の尊さを教えてくれてありがとう。

 

 

…荼毘に付し、悲しみに暮れていた次の日。

副隊長が買い物に出かけようと扉を開けると…

 

ん??足??

 

よく見ると、仔猫でした。

周りに親猫や、他に仔猫がいないかを確認して、一時保護。

 

…よく見るとなんだかサンちゃんによく似ています。

 

副隊長の自宅の周りで仔猫を見かけたのは本当に久しぶりで、そしてまるで待っていたかのように、副隊長の家の前にいたのです。

 

何だか運命を感じてしまいました…

 

だってサンちゃん、約束したもんね。

「生まれ変わって、またおいで」

 

たとえ生まれ変わりでなくても、一人でいたこの子にサンちゃんが教えてあげたのかもしれませんね。

 

 

サンちゃんとのお話はここで終わりですが、新サンちゃんは生後約2カ月程。

物語はまだまだ始まったばかり。

運命の猫・新サンちゃんとたくさん思い出を作っていただける里親様、ただいま募集中です!

 

 

待ってるにゃん♪ By新サンちゃん


続 サンちゃんのお話し

サンちゃんとのお別れ

 

副隊長がこの子に付けた名前「 サン 」

もののけ姫の ”サン” から

強く生きられるよう、願いを込めて付けました。

 

二日目の夜中、何度寝床に戻しても、なぜかトイレで寝てしまうサンちゃん。

 

自分でトイレしたいよね。

少し歩く元気出てきてくれてるといいな。

 

…そんな期待空しく、三日目にはさらに状態が悪化し、入院となりました。

 

病院でけいれんを起こし、だんだん呼吸数が少なくなって…

 

サンちゃんはこの日の夜 息を引き取りました。

成猫でありながら、1.5㎏しかなかったサンちゃん。

 

何歳だったのかな

いつから苦しかったのかな

もっと早く出会えてれば救ってあげられたのかな

最期苦しくなかったかな

 

色々なことを語りかけました。

 

 

そして虹の橋へ送り出す時…

 

「サンちゃん、生まれ変わって、またおいで」

 

無事に渡れているといいな

 

 

つづく

 

 


サンちゃんのお話し

サンちゃんとの出会い

数日前、ある猫との出会いがありました。


発見時、その子は炎天下の中ぐったりとしていて、わずかに歩けるものの 今にも息を引き取ってしまいそうなほど、ガリガリにやせ細っていたそうです。


当団体は保護はしておりませんが、知り合いの方からの緊急の連絡だった事、そしてこの子の状態があまりにも悪かった という2点から判断し、すぐに病院に連れて行きました。

極度の脱水状態で、毎日の通院が必要だと診断されました。

点滴をして頂き、その後副隊長の家での介護が始まりました。

 

外は蒸し暑いのに、この子の体温はとても低く

毛布をたくさん掛けてあげました。

ウェットタイプのキャットフードを何とか食べましたが、その後もぐったり…

 

夜中に様子を見に行き、ご飯とお水をあげると

ふらふら…と頑張って起きてきました。

踏ん張りがきかないのか、寝床はおしっこでビショビショ。

次の日の午前中、点滴のため病院に連れて行きました。

 

つづく

 



皆様からの温かいご支援にいつも支えられております。

なお、すべての収益は活動資金に充てさせて頂きます。

 

ゆうちょ銀行

口座番号 00110-1-450844

口座名  COCOレンジャー

他の銀行からの場合

店名   〇一九店(ゼロイチキュウテン)

預金種目 当座

口座番号 0450844

 

群馬銀行

支店名  妻沼支店

預金種目 普通

口座番号 0245159

口座名  COCOレンジャー

 

支援物資の送り先

1.Amazon欲しいものリストから

2.郵便局ご利用の場合

→熊谷郵便局留 COCOレンジャー重竹淳一宛

3.宅配便ご利用の場合

→佐川急便 熊谷営業所受 COCOレンジャー 保泉みどり宛

お問い合わせ


TNRの依頼、相談などなど…

cocoranger@freeml.com

※保護は行っておりません。

  ご了承ください。